上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
※この小説はすかいぷめんばーの小説です。
多々18禁あり!嫌なかたわみないでください


[3:43:32] うえげん: えり「やっばー・・・初日から遅刻とか・・・もぉ!!」(走ってる)
[3:44:45] うえげん: 「(もぉ・・・なんでお母さん起こしてくれなかったわけ!? あぁもぉいやああああ)」

[3:45:36] うえげん: カシャアアアアアッ
[3:45:47] うえげん: (ケータイ落ちる音)

[3:46:53] うえげん: うえげん「ねぇ・・・ちょ・・・待って!」
[3:48:07] うえげん: (俺も走ってる)

[3:49:10] うえげん: えり「ぇ いや ちょ急いでるんで・・・」

[3:49:42] うえげん: うえげん「いや・・・ケータイ落と・・・って無視すんなし・・・!!」

[3:49:54] うえげん: えり(全力疾走)

[3:50:41] うえげん: 場面
[3:50:44] うえげん: 学校

[3:52:31] うえげん: えり「え・・・あれ? うそ・・・ないんだけど・・・」

[3:53:04] うえげん: ひぃ「そんなにあわててどうしたの?」

[3:53:49] うえげん: えり「ケータイないんだケド・・・朝急いでてさ・・・そんとき落としたかも・・・やっばー・・・」
[3:54:31] うえげん: ひぃ「変な人に拾われてないといいね(笑)」

[3:54:53] うえげん: えり「もぉ・・・怖いこと言わないでくれる!?」

[3:55:15] うえげん: ひぃ「あ・・・ねね! 今日転校生来るって知ってる?」

[3:55:47] うえげん: えり「転校生・・・? あたし初耳なんだケド・・・」

[3:56:39] うえげん: ひぃ「あんた疎いからねーw 噂によるとぉー・・・超さわy・・・」

[3:57:42] うえげん: 朝のチャイムが鳴る
[3:58:18] うえげん: 先生「はい席に着けー」
[3:58:59] うえげん: 「今日はクラスに新しい仲間が加わる うえの!入ってこい」
[3:59:07] うえげん: ガラガラ・・・
[4:01:20] うえげん: みんなの視線がうえげんに集中する

[4:07:20] うえげん: えり「・・・・・・・あぁ!!なんでいるの!?」

[4:07:44] うえげん: うえげん「あ・・・朝のケータイ・・・!」

[4:08:35] うえげん: えり「朝のナンパ野郎・・・!!」

[4:09:05] うえげん: うえげん「ちげぇし! 俺はただお前がケータイ落としたから渡そうとしただけだって!」

[4:10:12] うえげん: ひぃ「なになにー・・・w あんたら二人どういう関係?w」

[4:10:35] うえげん: うえげん&えり「べ、別になんでもないし!!」

[4:13:06] うえげん: ひぃ「あらあらw」

[4:13:37] うえげん: えり「て、てゆうかさぁ はやくケータイ返しなさいよ!」

[4:14:20] うえげん: うえげん「素直じゃねぇなぁ もっと可愛く言えないワケ?」

[4:14:40] うえげん: えり「もぉ いいから返してぇ・・・!」

[4:15:30] うえげん: みんなに見られてる状態で うえげんに必死に飛びつきケータイを取り返そうとするえり

[4:16:18] うえげん: うえげん「おい・・・ か、返すから わかったって、、 おい・・・」

[4:16:48] うえげん: えり「(むきになりながら)もぉ返してってば!」

[4:17:55] うえげん: ドッ (つまずくえり) 

[4:18:18] うえげん: えり「やっ、、、」

[4:18:29] うえげん: バッ
[4:18:50] うえげん: うえげんが倒れ掛かってきたえりをささえる

[4:19:33] うえげん: うえげん「お前いちいち落ちつかないやつだな・・・」

[4:20:13] うえげん: えり「・・・・・・(かぁぁ///)」

[4:20:38] うえげん: うえげん「ほら・・・ケータイ! もう落とすなよ」

[4:21:19] うえげん: えり「あ・・・あり・・・がと・・・」(ぽーっ)
[4:25:36] うえげん: えり「(うそ・・・あたしなんでこんなナンパ野郎にドキッとしちゃってるわけ・・・
[4:25:51] うえげん: ありえないありえないありえない・・・!!)」

[4:27:25] うえげん: うえげん「あのさ・・・腕つかれるんだけど・・・」

[4:27:46] うえげん: えり「ぁ・・・ご、ごめ・・・///」

[4:28:23] うえげん: 放課後

[4:29:09] うえげん: えり「ねぇひぃちゃん いっしょに帰ろー!」

[4:29:38] うえげん: ひぃ「え? あ・・・えっと ごめん今日ちょい用事あるんだわ、、」
[4:29:48] うえげん: ひぃ「(つってw)」

[4:31:15] うえげん: えり「え・・・そ、そっかぁ わかったぁ」
[4:32:44] うえげん: えり「(えー・・・ まじかよー 暗くてまだ道よく覚えてないからひぃちゃん頼りにしてたのにぃ・・・誰かぁ・・・!!)」

[4:34:47] うえげん: ひぃ「ぁ、 そういえばさっき聞いたんだケドうえのくんとえりって家ちょー近いみたいじゃん! 二人でいっしょに帰ったらぁ?w」

[4:38:11] ぇりんこりん: えり「え・・なんであんなやつと一緒に帰らなきゃいけないのっ!w」

[4:38:58] うえげん: うえげん「はっ!? こっちだってぜってーいやだしw」

[4:39:53] ぇりんこりん: 先生「おーい今日ここらへんで不審者がでたらしいから2人1組で帰れよー」

[4:40:55] うえげん: ひぃ「だってさーw あたしは運転手つきのリムジンで帰るから お二人さん仲良くねw」

[4:43:15] うえげん: えり&うえげん「・・・・・・・・・・・・・(沈黙)」

[4:43:51] うえげん: うえげん「あ、あのさ・・・ そろそろ帰んない?」

[4:44:47] ぇりんこりん: えり「はぁ・・・しょうがないなぁ!」

[4:46:48] うえげん: うえげん「ん・・・」

[4:47:39] うえげん: えり&うえげん「・・・・・・・・・・・・(沈黙)」 歩きながら

[4:49:40] うえげん: うえげん「俺さ・・・実はこの街に来るの初めてじゃないんだよね・・・」

[4:50:55] ぇりんこりん: えり「あ・・この公園・・!なつかしいなぁw昔ここでよく遊んでたんだ」

[4:52:08] うえげん: うえげん「・・・え! まじで!? 俺も何だケド!! 毎日近所の女の子と・・・確か名前は・・・」

[4:52:46] ぇりんこりん: えり「・・・げんき!!!あ・・もしかして」

[4:54:05] うえげん: うえげん「え・・・えりちゃん!!」

[4:54:46] ぇりんこりん: えり「げげげげげんきくん?!あのげんきくん?!」

[4:55:21] うえげん: うえげん「えええええええええええりちゃん!?あのえりちゃん!?」

[4:55:34] ぇりんこりん: ここで不審者あらわれる

[4:56:02] うえげん: 不審者「いいもん見したろか ほれ」
[4:56:09] うえげん: バサッ 
[4:56:20] うえげん: いちもつ
[4:56:23] うえげん: 現る

[4:56:52] ぇりんこりん: えり「おっさんきたねえwwwwww」

[4:57:38] うえげん: 不審者「生意気な女だ もっと近くでよく見てみろ」

[4:57:52] うえげん: えりににじみよる不審者

[4:58:33] うえげん: うえげん「おい、えりにそのきたねぇもん近づけんな!!」

[4:59:46] ❤ひィ✰ちゅん❤: 不審者「生意気な女に興味ねーよwww俺の興味あるのは・・そこの兄ちゃんだ」

[5:00:20] うえげん: うえげん「こ、こいつやばい・・・!!」

[5:01:30] ぇりんこりん: ひぃ「あ・・・あれ!じぃや!車をとめなさい!」

[5:01:55] ❤ひィ✰ちゅん❤: じいや「かしこまりました。ひィお嬢様」

[5:03:24] うえげん: 不審者「ウホッ!! こっちのダンディーなおじいさんのが好みだぜ うへへ」 リムジンに向かってダッシュ

[5:04:23] ぇりんこりん: ひぃ「じぃや!・・・しょうがない!ひきころしなさい!あとの事はお父様にまかせるわ!」

[5:05:28] ❤ひィ✰ちゅん❤: キキーっ!ばあーん!

[5:06:11] ❤ひィ✰ちゅん❤: ウエゲン「えりっ!見るな!」抱きしめて視界をふさぐ

[5:07:34] うえげん: えり「(へぇ・・・こいついいとこあるじゃん・・・キュン)」

[5:08:33] ぇりんこりん: ひぃ「どうやら私とじぃやの作戦は成功したみたいね」
[5:09:13] ❤ひィ✰ちゅん❤: ひぃ「じいや行きなさい!」 ぶーーーーんっ!

[5:10:28] うえげん: うえげん「もう行ったみたいだよ・・・えり・・・目あけていいよ?」

[5:11:18] ぇりんこりん: えり「いや・・まだ怖くてあけれない・・・っ!」

[5:12:36] ❤ひィ✰ちゅん❤: うえげん 強く抱きしめ頭を撫でる「よしよし」

[5:13:48] うえげん: えり「(だめだめだめ・・・こんなにやさしくされたらもぉ・・・)」

[5:15:54] ぇりんこりん: うえげん「目・・・あけて?」

[5:16:29] ❤ひィ✰ちゅん❤: えり「ん・・こわいよ・・げんきぃ・・」

[5:17:41] うえげん: うえげん「怖がらなくても大丈夫・・・俺がいるじゃん」

[5:18:31] ぇりんこりん: えり「う・・・うえげぇん;」

[5:19:25] ❤ひィ✰ちゅん❤: うえげん「のむら・・っ!」激しくちっす

[5:21:11] うえげん: お姫様だっこするうえげん

[5:21:50] ぇりんこりん: えり「こんなところで恥ずかしい///ひぃちゃんもみてるよ///」

[5:22:25] ❤ひィ✰ちゅん❤: ひぃ 木の後ろに隠れて「じいや・・いい感じねっ!」
[5:23:05] うえげん: ひぃ「なんかあの二人見てると濡れてきたわ・・・(ジュン・・・)」

[5:23:49] ぇりんこりん: じぃや「でもよろしかったのですか?お嬢様はげんきさまの事・・・」

[5:24:35] ❤ひィ✰ちゅん❤: ひぃ「じいや・・それは言わないで・・。わたくしの大切なお友達の恋路は邪魔できませんもの・・」

[5:25:38] うえげん: えり「ね・・・ねぇ・・・恥ずかしいからおろして・・・もぉ歩けるってばぁ///」

[5:26:26] ぇりんこりん: うえげん「いや!離さねーよ!もう一生はなさねー!!」

[5:27:23] ❤ひィ✰ちゅん❤: えり「恥ずかしいよお////げんき・・好きなの・・。うえげんが・・、、」

[5:29:25] うえげん: うえげん「俺もさ・・・ケータイ拾った時から すんげーディスティニー感じてた・・・ 好きだ・・・えり・・・」

[5:30:00] ぇりんこりん: ひぃ「ディスティニーwwwwwwwwwwwwwww」

[5:30:19] ぇりんこりん: じぃや「ディスティニーwwwwwwwwwwwwww」

[5:30:53] ❤ひィ✰ちゅん❤: えり「う、うん・・でぃ・・でぃすてぃに・・ふんがっwwwwww」

[5:31:25] うえげん: うえげん「あっ 笑ったなぁ~ このこのぉ~w」

[5:32:23] ぇりんこりん: えり「ねね!ほんとにずっと一緒にいようね!だって私たちディスティニー!」

[5:33:03] ❤ひィ✰ちゅん❤: うえげん「でぃ・・でぃすてぃにーって・・お前・・・・ふごっwww」

[5:34:44] うえげん: えり「ねね! じゃあさ げんきんちで うちらのディスティニー確かめ合おうよ!」

[5:35:47] ❤ひィ✰ちゅん❤: うえげん「だからお前・・でぃすてぃにーって・・・ふんがwwwwwwww」

[5:37:06] ぇりんこりん: じぃや「私たちもまいりましょう!夢の4Pへ!ディスティニー!」

[5:37:33] うえげん: ひぃ「YES! ディスティニー!!」

[5:38:01] ❤ひィ✰ちゅん❤: ~1時間後~

[5:42:24] ❤ひィ✰ちゅん❤: うえげん「俺とえりがでぃすてぃにーなんだって!お前ら関係ないじゃまいか!」

[5:43:44] うえげん: えり「ねぇ・・・げんきそんな人たちほっといてきて・・・?」

[5:44:51] ぇりんこりん: うえげん「うん・・・うっ!!!くるしい・・・持病の心臓病が・・・しぬ」

[5:46:59] うえげん: えり「こんなディスティニーいやああああああああああああああああああああ」

[5:47:34] ぇりんこりん: ナレーション
[5:48:02] ぇりんこりん: 人は運命・・・いやディスティニー(笑)には逆らえないのであった

[5:49:58] ぇりんこりん: はーるのー♪
[5:50:13] うえげん: こもれびのなかで♪
[6:05:20] ぇりんこりん: 君のーやーさーしさにー
[6:05:29] ぇりんこりん: うもれてーいたーぼくはー
[6:05:41] うえげん: ディスティニーだったんだよねー
スポンサーサイト
 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。